白髪染めシャイン
白髪染めシャイン
ホーム > 注目 > 売主側が費用を負担

売主側が費用を負担

一生のうちに何度も経験するわけではないので、どうやって家を売れば良いのかわからない人もいるのが普通だと思います。

 

簡単に住宅の売却の流れを説明すると、最初は住宅等を一括査定するサイトを使い、現時点での見積りを複数の業者に出してもらいましょう。

 

その中で査定の額もさることながら信頼できる仲介会社を見つけて売却を依頼し販促活動を経て、内覧者の中から購入を打診してくる人が出てきて、金銭の授受と物件の引渡しを行い、登記変更をしておしまいです。

 

なぜ、売ろうとしているマンションがなかなか売れないのでしょうか。

 

まず考えられるのは、他のマンションと比べてみた時にちょっと価格が割高になっているケースです。

 

割高になってしまっていたら、たとえ内覧会を開催したとしても訪れるお客様の人数は限られてきます。

 

周辺の物件と照らし合わせて価格を減額することが必要となってきます。

 

次に、不動産会社がマンションの宣伝を積極的に行っていないのかもしれません。

 

仲介契約を結ぶ時点で、ちゃんとレインズに登録しているか確認を忘れないようにしましょう。

 

隣接する土地との境を明確にするよう、土地の境界確定図を作成することも、土地付きの住宅を売却する際にはありえるでしょう。

 

法的に強制されたものではありませんが、境界標がない土地や、宅地の価格が高額な地域では、少量の誤差でも10万ないし数十万円の違いがでますから、しておくべきことはしておこうと考える人は多いようです。

 

費用は一般的な住宅地であれば40万弱ですが、接道や土地面積による違いはあります。

 

通常は売主側が費用を負担しますが、リスクが避けられるので買手はつきやすいです。

ヴィーナスアイズ